menu

さいたまMCキャリア

一般社団法人医療福祉キャリア

2020/10/27

最低賃金って何?

医療福祉キャリア、コンサルタントの井手と申します。

 

20年間の医療専門の税理士としての経験をもとに、ちょっと役に立つ税金などの豆情報をお伝えします!

 

「最低賃金」という言葉、よく耳にしますよね。

 

最低賃金とは、「最低賃金法で定めた賃金」のことです。

 

例外はありますが、

この最低賃金以上の賃金を支払わなければければなりません。

 

最低賃金には、

「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」

があります。

 

このどちらかに定められた賃金以上の賃金を支払う必要があります。

 

まず、地域別最低賃金についてお話します。

 

7月に厚生労働省の「中央最低賃金審議会」が答申を取りまとめ、

令和2年10月から順次実施されています。

 

今年は、新型コロナウイルスの影響で、

「引き上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当」

と具体的な引き上げ額は明示されませんでした。

 

令和2年度の最低賃金は、

40県で引き上げ、7都道府県では据え置きとなりました。

全国平均で、1円アップして、プラス2円となりました。

 

最低賃金額が一番高いのは、

東京都の1013円

 

一番低いのは、

秋田県、鳥取県など7県の792円

 

となっています。

 

次に、特定最低賃金についてお話します。

 

特定最低賃金とは、

鉄鋼業、電気機械器具、自動車関連業

など、特定の産業について適用されています。

 

地域別最低賃金と最低賃金の両方が適用される場合は、

会社側は、「金額の高い方」

を優先的に採用しなければなりません。

 

求人情報を見るときは、

給与やお休みのことが一番気になりますが、

最低賃金についてもちょっと考えながら

ご覧になると良いかもしれません。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました